このホームページは神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校の同窓会「牧陵会」が管理・運営しております。

高校5期会


http://ryokudoukikai.xn--6oq837ffxy.com/swfu/d/keisaiannai.jpg

緑高5期会【昭和28年3月卒業】卒業年度早見表


★牧陵会事務局からのお願い

 住所が判明している方には、「牧陵新聞」等の牧陵会活動報告や、同期の幹事の方から同期会開催等のご案内状をお送りします。

 牧陵会では、牧陵会活動への温かいご理解と、活動への積極的な参加をいただくため、宛先不明となっている会員の方々の現住所を確認する作業を進めております。
 このリストをご覧になられたご本人から、あるいは、同期生の現住所をご存知の方は、移転先住所等の下記変更事項を牧陵会事務局までご連絡いただければ幸いです。

《ご連絡いただきたい事項》
 【卒業期】・【氏名(旧姓も)】・【住所】・【電話番号】・【メールアドレス】等
 ※ 卒業期は、「緑高同期会」のページの早見表をご参照ください。

 個人情報を一般に公開することはありませんが、同期会開催のために要請があれば、同期会幹事に提供する場合があります。
 同窓会名簿は、インターネット回線に接続していないパソコンで厳重に管理しており、冊子としての名簿は、平成10(1998)年版以降、発行しておりません。

 宛先不明会員の一覧表は、個人情報保護のため、お名前はカッコ内に1字のみ表記させていただきました。

 牧陵会事務局
  〒231-0027 横浜市中区扇町3-8-6
  ℡045-664-9020
  e-mail  bokuryoukai@gmail.com

宛先不明会員リストを見る


高校5期・同期会のご案内

画像の説明

 拝啓 3月11日の大震災発生以降、騒然とした世相につつまれた今日、この頃いかがお過ごしですか。今年も年一度の“語らい同窓会”をご案内いたします。
 昨年までは横浜港を広々と見渡せる最高のビュースポット ホテルニューグランドを会場にしてきましたが、本年は5月28日が大安の土曜日にあたり、我々のようなリーズナブルプラン指向の会合はリザーブするのは無理でした。
 そこで馬車道通りの有名レストラン“相生本店”に会場を移します。港風景とは違った意味での歴史地区近代文化横浜の雰囲気が感じられる整備された街並みの中にあるレストランです。
 また語らいのお供のお料理は、相生の社長さんの言葉では、“女性に高評価が得られるよう、果物・デザートを十分組み入れた必ずご満足いただけるものを用意します”とのことです。
 母校 緑ヶ丘高校も再来年(2013年)には創立90周年を迎え、また新しい校舎建設も決定したそうです。
 我々が希望や不定の入り交じった夢を見ながら学んだ時代では、移り替わり若者との会話が成り立たなくなった。
 今日でも青春時代の思い出は新しく、おしゃべりは元気です。
 どうぞ万障繰り合わせ会話の輪に入ってください。お待ちいたします。
敬具
         
          記

1 日  時 平成23年5月28日(土)13:00~15:30
2 場  所 相生馬車道本店(馬車道通り 関内ホールそば)
3 会  費 男性 7,000円 女性 6,500円(集合記念写真は撮りません)
       ※ご参加の方は会費を下記にお振込みください。
       [ 振込先 ] 郵便局窓口(振込用紙同封・振込み料会負担)
4 参加締め切り 平成23年5月10日(火)
5 お願い  会場準備の都合上、締め切り厳守にてご協力ください。

       世話人(女性)今村/高山/村山/鶴見/加藤
          (男性)坂本/塩田/高月/小倉/松田/加藤/保田

       ※世話人連絡電話 安田広之 045-261-3187



                   平成23年5月13日
                   掲載責任者 広報部 深海なるみ



平成22年 高校5期・同期会開催報告   【松田 旦】

 5月28日、横浜港の広がりと緑の山下公園を眼下にしたニューグランドホテル
スターライトルームに、そこそこ元気そうな高校5期生30名が集い、今年度同期会を開催しました。
 昭和25年、米軍キャンプに寄り添うような木造校舎の緑高に、男女共学の一期生として入学し、今年で60年になりました。
 戦禍の後がむき出しになった、市内に米軍兵が闊歩していたこの時代から、“みなとみらい”の近代ビル群が立ち並ぶ平成の現在まで話題は豊富です。
 はるか遠くなった青春を語り、一転体調不良や孫の成長ばなしと、波長の合う同年生の会話は2時間30分ではまだまだ不足のようでした。

画像の説明

 来年の5月28日に元気で再開できることを祈念し、一本締めで終了しました。

平成22年6月14日

掲載責任者 広報部 深海なるみ

高校5期・同期会のご案内

 お元気ですか。今年も5月28日が近づいて来ました。

 サー!集まって語らいましょう。!

 今年は、私ども全員が後期高齢者になってしまいましたね。おめでとうございます?

 あと何回開催できるか分かりませんが、それ程多くはないと思います。同期生は減ることはあっても増えることはないので、年に1回ぐらいは顔を合わせましょうよ。

 日時は、5期生で昭和28年卒業なので、毎年5月28日と決めておりますが、場所も毎年同じ場所の方が煩わしくなくて良いと言う意見が多いので、再度、ホテルニューグランド本館5階のスターライトルームに決めましたので、出席してください。

 世話人全員でお待ちしております。



1.日  時
    平成22年5月28日(金)13:00~15:30
2.場  所
    ほてるニューグランド 本館5階 スターライトルーム(山下公園前)
3.会  費
    8,500円(本会は集合記念写真は撮りません)
    ※ご参加の方は、会費を下記にお振り込みください。
     【振込先】
       郵便振替 名義:保田宏之(ヤスダ ヒロユキ)
            番号:00270-9-139999
4.参加締切
    平成22年5月10日(月)※厳守
5.お願い
    会場準備の都合上、締切厳守にてご協力ください。

6.世話人
     (女性)今村/村山/高山/鶴見/加藤
     (男性)坂本/塩田/高月/加藤/陶山/松田/小倉/保田

      ※世話人連絡先電話 保田 宏之 045-261-3187

平成22年4月23日

掲載責任者 広報部会長 橘川 和夫

高橋  陟    

夢の伏流水

 寝惚けまなこに入ってきた1本5,000円の水増し疑惑記事。こんな唖然たる現実に連日ふれていると心を癒してくれる夢さがしは夜のひと時しかないと思えてくる。
 そんな或る夜、今まさに不老長寿の水を掬い飲み干そうとする夢に出会った。1本5,000円の水が人を欺くものなら、その夢は脳をサラサラにしたい私の気持の表れなのだろうか。ほどなくして、水を含んだ血液が頭の中をめぐり思いがけない言葉が流れはじめる…… 。
 〈野放図な熱から不老長寿の水へ・・・・渇した心を潤し有頂天な頭を冷やす・・・遠くに見えて近くにも見える幻影のように・・・・青春を凝縮した既視感なのか・・・・だが歳月は無愛想に齢を重ねていく・・・・〉。
 夢の中に奇妙な実在を感じた朝、私はいつものお茶を飲む。サラサラとした感覚と瑞々しい気分で、今日1日の現実の中に異色な実在を掴もうと動き始める。
 今この原稿を寄せる牧陵会の活動も、不老長寿の水の流れの如く延々と続いていくことを願う。緑ヶ丘の仲間が集う年齢格差を感じない空間。一人ひとりの歩みを刻んだ様々な心の模様が、伏流水の如くいつもそこに漂っている……。

【「牧陵会だより」(平成19年7月1日発行)】から転載

松田 旦

同期会に出席して卒業50年を思う

 平成14年9月28日、今年も武林、井原先生のご出席をいただいて、懐かしい人達と顔を合わせることができました。
将来への無限の自由さを夢に見ていたそのときを共にした仲間と杯を傾け、タイムスリップしての会話は、遠ざかった青春が身近に帰ってきた感じの一時です。
 話題は、我々5期生が卒業して来春で50年、半世紀を迎える事でした。
 戦後色濃い昭和25年、新制度の男女共学1回生として緑高に入学した。
 市中は進駐軍の街。学校も米軍兵舎を囲むネットに沿って木造校舎が。教室の窓外には米兵やバスケットコートが見える風景の中にありました。戦中・戦後、凄まじく変化した時代に成長した者の思い出はは、生活環境の小さな違いが時の記憶の濃淡を強くするためか、同窓の語らいには新しく聞く在校生時代の話も多くあり、楽しいものです。
 今年秋、50周年記念同期会が予定されています。多数の元気さに会いたいものです。

【「牧陵会だより」(平成15年7月1日発行)から転載】

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional