このホームページは神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校の同窓会「牧陵会」が管理・運営しております。

高校37期会


http://ryokudoukikai.xn--6oq837ffxy.com/swfu/d/keisaiannai.jpg

高37期会【昭和60年3月卒業】卒業年度早見表

★牧陵会事務局からのお願い

 住所が判明している方には、「牧陵新聞」等の牧陵会活動報告や、同期の幹事の方から同期会開催等のご案内状をお送りします。

 牧陵会では、牧陵会活動への温かいご理解と、活動への積極的な参加をいただくため、宛先不明となっている会員の方々の現住所を確認する作業を進めております。
 このリストをご覧になられたご本人から、あるいは、同期生の現住所をご存知の方は、移転先住所等の下記変更事項を牧陵会事務局までご連絡いただければ幸いです。

《ご連絡いただきたい事項》
 【卒業期】・【氏名(旧姓も)】・【住所】・【電話番号】・【メールアドレス】等
 ※ 卒業期は、「緑高同期会」のページの早見表をご参照ください。

 個人情報を一般に公開することはありませんが、同期会開催のために要請があれば、同期会幹事に提供する場合があります。
 同窓会名簿は、インターネット回線に接続していないパソコンで厳重に管理しており、冊子としての名簿は、平成10(1998)年版以降、発行しておりません。

 宛先不明会員の一覧表は、個人情報保護のため、お名前はカッコ内に1字のみ表記させていただきました。

 牧陵会事務局
  〒231-0027 横浜市中区扇町3-8-6
  ℡045-664-9020
  e-mail  bokuryoukai@gmail.com

宛先不明会員リストを見る

卒業30周年記念 高37期(昭和60年3月卒業)同期会 平成27年2月7日(土)に開催

緑高高37期同期の皆様

ご無沙汰しています。緑高高37期同期会・代表幹事の金野(3-B)です。
第2回同期会開催から更に10年、「そろそろやらないの?」という声の高まりを受け、卒業30周年となる来年、第3回の同期会を下記の通り開催することにいたしました。
皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

''卒業30周年記念 神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校 
高37期(昭和60年3月卒業)同窓会''

日時:平成27年2月7日(土) 17:30~20:30
場所:横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 

               5階 日輪 (立食パーティー)
        (横浜市西区北幸1-3-23 TEL:045-411-1111 
        横浜駅西口出て正面左側)

会費:10,000円

Hotel正面

5階 日輪

■申し込み方法
1、出欠の連絡を、メールで12/20(土)までにお知らせください。
 mail to;ryokko37@yahoo.co.jp ( 込江茂久 宛)
その際、必ず3年次のクラスと氏名、電話番号をご記載ください)。
※欠席の場合でも、必ず連絡をお願いします。

2、当日の混乱を避けるため、会費は事前の振込でお願いします。出席される方は、

12/26(金)までに、会費を下記口座にお振込みください。

口座名:横浜銀行 本店営業部  
普通預金 1316891 
緑高37期同期会

※通信欄で3年時のクラスを(姓が変わっている方は旧姓も)お知らせ下さい。

卒業から30年ともなると、連絡がつかない方が多くなってしまっているので、一人でも多くの同期の方に出席してもらえるよう、繋がりのある同期の皆さんにどんどん広めて下さい。

牧陵会のページもご覧ください。中に、緑高同期会のページもあり、高37期の情報や、牧陵会名簿の行方不明者リストなども見られます。
牧陵会 ホームページ


連絡用に、ネットの掲示板を用意しました。 今後事務局からの連絡は、行方不明者捜索なども含めこの掲示板を利用しますので、こまめに見るようにして下さい。また、皆様も自由にご活用下さい。なお、パスワードが必要につき、必ず本名と3年時のクラスを明記して、事務局までお問い合わせください。

■緑高【第3回】高37期同期会掲示板

問い合わせはメールで事務局の込江茂久( mail to;ryokko37@yahoo.co.jp  )までお願いします。

皆様のお力で、この同期会を一緒に盛り上げていきましょう。
当日、皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

《事務局》
金野 典彦(3-B)nokkon@ruby.dti.ne.jp
廣瀬 聡 (3-E) akira-hirose-aa1@msj.biglobe.ne.jp
金丸 哲也 (3-G) maru7-7-7@nifty.com
込江 茂久(3-I) ryokko37@yahoo.co.jp

平成26年12月16日
情報提供者 金野 典彦(高校37期)
掲載責任者 小松崎敏彰(高校21期)



    

佐々木 由美

 昨年開かれた「卒業20周年同期会」の興奮冷めやらず、その後もクラス単位、グループ単位の小同期会が各所で続いています。
 私も「同期会症候群」に取り憑かれている1人。毎月のように小同期会に参加しているばかりか、会が明け方まで及ぷ事も再三。徹夜が辛い年齢なのに、その瞬間だけは気力が勝ってしまうようです。当時から親しかった仲間と友情を深められたことは無論、交流のなかった人との出会いは一番の喜びです。仕事や家事で多忙な年代であるだけに、緑高仲間との集いは潤いと刺激を与えてくれます。
 とある会の前に、皆で緑高を訪ねたことがあります。来訪者バッジを胸に見学スタート。最初の感慨は、「変わってない!」。変化と言えば、体育館前のテニスコートがなくなり建物が建ったことくらい。昇降口から中庭を抜け、食堂やパン屋、体育館を見て回り、視聴覚室横の外階段を上がって校庭を一望。校舎が変わらないぷん懐かしさもひとしおで、楽しくも切なかった青春時代の感傷に浸りました。
 その夜の宴会が緑高訪問話で盛り上がり、またしても帰宅が明朝となったことは言うまでもありません。

【「牧陵会だより」(平成18年7月1日発行)から転載】

同期会開催       秋山 幸人

同期会開催
                           
 去る1月8日(平成17年)、私たち高校37期の同期会が開催されました。
 初めての同期会が行われたのは、卒業から10年が過ぎた95年1月のこと。それからさらに10年の月日が流れ、今回は20年目の集いとなります。
 連絡のつかない同期生を捜すためにホームページを立ち上げるなど、幹事の金野君、廣瀬君、金丸君、込江君には大変な労力をおかけしました、この場をお借りしてお礼申し上げます。
 そのかいもあって、当日は149名が横浜のベイシェラトンホテルに集まりました。加えて、学生時代にお世話になった小山先生や瀬ノ口先生にもご参加をいただくことができました。
 見た目が変わった人も変わらない人もいて、多くの参加者が卒業アルバムの写真を思い浮かべたことでしょう。「久しぶり!」から始まる話に花が咲き、高校時代にタイムスリップしたようなひとときでした。名残惜しいほどの楽しい時間でしたが、5年後の開催を約束して閉会しました。
 新たなエネルギーをくれた緑高同期生を誇りに思うとともに、心から緑高生でよかったと思います。

【「牧陵会だより」(平成17年7月1日発行)から転載】

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional